衝撃のレポ:人生初の牢屋行きか?

<きのうからの続き>

昨晩ブログをアップした後、またひとしきり考えてみる。うーんうーん。うーんうーん。
何か手立てはないものかと思い、隊長に電話してみた。

「隊長〜〜あのさ〜、経験をつんだ責任ある社会人のアメリカ人男性の大人として質問があるんだけど〜。。」
「そりゃ相手間違ってるって!」 (即答)
がくっ。
「『アメリカ人男』の部分しか該当しないよー!ハハハ!」
た、たいちょぉーーーー!
「つーか、『男』としてだったら回答できることたくさんあるよーー!」
このオヤジ。。。。
「で、どうしたの?」

かくかくしかじかと事情を話す。
「で、裏書きを見たら、出頭しなかった場合は新たな罪と見なされて、最高罰金1,000ドルと90日牢屋、だって書いてあってー。。。まあそんなことはされないとは思うんだけど、こんな経験とか、知ってる人で同じようなことになった人知ってる?」
「・・・・。」
「(沈黙しないでくれーー!)それか、どうしたら最良の処置できるか知ってる?」
「・・・・・。」
「(お願いだからーーー)まあ明日朝イチで裁判所に行ってみようかと思うんだけど、でも受け付けてくれるかどうか分からないし、、まず電話かなあ」
「・・・・・・。」
「どう思う?(えーんえーん)」
「・・・・うーん。出頭したらどう説明するつもりだったの?」
「えーとそれは、、、」と、またかくかくしかじか。
「他にどんな情報がチケットには書いてある?」
「裁判所出頭日より前に罰金を払ってたら、100ドルで2ポイント減点。本来の罪は300ドル罰金で4ポイント減点。よくシステムが分からんけど。。。。うーん、やっぱり明日裁判所に行ってみるわー。風邪で寝込んでたんですーって言ってみる。もし牢屋に入れられたら、面会に来てね。チョコレート差し入れしてね〜。」
「面会もいいけど、うーん、あした一緒に裁判所行こうか?」
は?
「ワハハ!!いいよーーー、そんなつもりで電話したんじゃないよーーー!大丈夫だよーー!」
「ホントに?行っていいよ、一緒に。」
うわ、優しーー。。
「結果の保証はできないけど、ほれ、俺って人を何となく説得するの上手いでしょー」
でも、ガキの使いじゃあらへんし〜、何がどうなるか分からんし〜、こんなんで迷惑かけられへんわ〜〜、大丈夫だよ〜いいよ〜、、等々うだうだ言ってたのだが、なんだか話してるうちに、一緒に来てもらったら、とっても心強いなあという気持ちになって来た。
で、一緒に来てもらうことになった。
あれ、「何となく説得」されちゃったのか、私も?

そして今朝8時、裁判所の前で待ち合わせ。
隊長は実は先週水曜日に膝の半月板の手術をして、数日間は常に松葉杖、その後少しずつ体重をかけて歩く、、と言われていたのだが、奇跡の回復力で全然松葉杖なしで歩ける状態になっていた。
なのに、今朝は松葉杖持参。
「一番シンプルで、ウソでもないプロットを考えた!」と隊長。
「この手術とその後の世話で大変になってて、つい出頭を忘れてた、ということにしよう!」
松葉杖はその「大変さ」の後ろ盾として、また同情をひきやすい小道具として復活、である。
もう私もさっそく「足の手術で大変なパートナーに尽くす献身的な女性(しかもアジア人女)」に身も心もなりきりである。
「で、今日罰金払うことで決着付けられるんだったらそうしよう」
準備万端。

まずセキュリティーチェック。
なんだか知らんけど、私のバッグはさんざんかき回されて、3回も凶器探知機をくぐらせられている。「あちゃ〜、アタシの機関銃、見つかっちゃったかなあ?」なんて冗談でもかましたい気持ちだったが、ものすごく、それはそれはものすごく大変なことになるので、ぐっと押さえる。隊長の松葉杖も凶器探知機を通る。実は銃仕込みの松葉杖、、、B級アクション映画に出てきそうだな〜。わはは、、、と、人はシリアスな状況でも、アホな考えを数秒ちらちらっと思うものである。

そして、受付け。
いきなり名字を聞かれ、名簿をチェックし始めたので、本当は先週の金曜日に出頭のはずだった旨を言い、違反チケットを見せると、「あ、交通違反ね!」と近くを通りすがりの別の係員にバトンタッチ。そう、ここは裁判所。残忍な殺人も銀行強盗も裁かれる場所ではないか。廊下で待ってる人たちも苦渋で深刻な顔つきだ。(大げさ)
「今日、もう罰金払っちゃう?」と廊下歩きながら聞かれる。
「はい(やった!)」
と、罰金支払いカウンター(?)らしき所に連れて行かれる。
カウンターのおっちゃん、第一声は隊長に向かって「その足、どうしたの?」
計画通り!
「いや〜膝手術で〜〜半月板を痛めて〜〜、実はそれで彼女が僕の世話をしなきゃいけなくて、すっかり先週の出頭日を忘れてたんですよー。」
「いや、俺もねえ、去年事故にあって、大腿骨も折って、色々複雑な怪我で、数ヶ月入院して大変(以下略)」
肝心のあたくしの違反チケット問題より先に、お互いの怪我とそれからの回復話に花が咲く。

「ええとね、出頭日から1週間はグレイス・ピリオド(猶予期間)があるからね、大丈夫だよ。罰金払って終わりにする?」
「(なーんだ!!)はい!」

1,000ドルだの牢屋だの思うと100ドルでこの件落着するのは惜しくない。
猶予期間があるのは、もし郵便で罰金を送金した場合に、遅れて届く可能性もあることを考慮してなのだそうだ。もちろんそんなことはチケットには全く書いてない。

「はい、これでおしまい!  (隊長に向かって)Take care! 」
と、最後の最後まで、彼のフォーカスは隊長と自分の足の怪我であった。

なーーーーんだ。
もーーー心配しちゃったよーーー!コワかったよーーーー!
ふんとにもーーーー!!

てなわけで、一件落着。所要時間15分。
仕事まで時間があったので、隊長にスコーンとクロワッサンをゴチする。
ありがと〜!

教訓:交通違反には気をつけよう。(爆)
[PR]
by BoulderMikiko | 2009-11-10 07:19 | 日常生活


コロラドはボルダーのマッサージセラピスト・美紀子のブログ。熊本生まれ、ワシントンDC、プロバンス(仏)、東京、モントリオール、ニューヨーク生活を経て、ロッキーの山の中人生を楽しんでおりまっす!


by BoulderMikiko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

ハラいためた子じゃないけど
at 2012-04-03 15:25
本日のびっくり&本日のがちょーん
at 2012-03-28 15:59
機械屋ケンちゃん
at 2012-02-25 17:11
やっぱり良いとこ
at 2012-02-05 11:33
ここ数日やめられへんこと
at 2012-02-02 16:42

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

カテゴリ

全体
日常生活
ボディー&エナジーワーク
映画/音楽
ニューヨーク
日本
その他の旅行やら
りっちゃん(Richard)
マスタークレンズ
未分類

お気に入りブログ

Cahier de St...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧