<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

桜がちらほら!

今日は春です。
昨日&一昨日は冬でした。
そういう激しい揺れの後に、かっ!と夏がやってくるのでしょう。
ボルダー近辺の雪は山でもほとんど溶けてしまったけど、その向こうに見えるロッキーの山並はまだ真っ白です。あ!カメラ持って来たらよかった。。。
今仕事待機中で、図書館前のボルダークリーク沿いの公園の芝の上でこれを書いてます。こういう天気の良い日は、クライアントが減ります。暖かくなって、みんな外に出て走ったり自転車したり山登ったりする機会をずーっと待ってたからねえ。5月の「メモリアルデー」の祝日には、「Bolder Boulder」というこの近辺で大人気の10キロマラソン大会もあり、それに備えて走る人も急増である。
去年はそういえば、この大会で走った人たちへのマッサージのボランティアを学校をあげてやったんだったなあーー。ゴール地のコロラド大学の体育館にテーブルずら〜〜っと並べて。うわーもう一年になろうとしているのか。
まあそうやって、にわかランナーになった人たちが、きっと膝やら腰やら痛めてマッサージにもやってくるに違いない。
私は最近走らなくなった。まあ寒かったり雪だったりというのもあったけど、この前、やっぱり走らなくなったというクライアントと話をしていて、「走るのに向いた体型/体質というものがある」という結論。やっぱし、カモシカ系の人たち(走ったからそうなったと言われればそれまでだが)は走るのに向いているのではないか。身体がそういうのを愛してしまうんではないか。逆に、私のような農民体型つーか、足だけサッカー部体型の人は、走るべきではないのではないか。だから走るということに執着も愛も感じないのではないか。まあどうだっていーんだけど、ボルダーというのは異常にランナー/ピタピタパンツ系自転車野郎/冬は毎週スキーさ、の数が多いので、あんまりアスレチックでない人は肩身の狭い思いをしがちな土地なのである。
わたしは聞かれると「ヨガをやってる」と答えている。これはちょっと「スポーツ」とは違うが、なんとなくヨガと言っておけば、有無を言わさず「健康に気を遣ってる」オーラを発するようで、免罪符となるのである。

これからコロラドは本当に美しい季節。
ハイキングに励もう。
[PR]
by BoulderMikiko | 2008-04-18 03:37 | 日常生活

春はあけぼの

春どころか夏のような陽気の日もあったかと思えば、一昨日、昨日と雪であった。今日は朝はキラキラに晴天だったのに、午後は雲と風で、自転車通勤しなかったのは正解だった(つーか、やっぱし車慣れか、、、)。
でも以前は九州生まれ育ちのせいか、冬だの寒いだの、ぜーんぜん好きじゃなかったんだが、シャモニーに住んだあたりから、なんとなく冬も好きになった。冬っつーか、「雪」が好きっていうか。熊本では雪は年に1、2回降ったっけ?てな感じだったし、雪なんて積もってもせいぜい1〜2センチてなもので、それでも珍しくて大喜びのわてーら子供達は、根性で雪だるまを作ってみたものである。勿論、すぐに土なので、出来上がりは大抵「土だるま」なんだけど。
一面の雪の世界を初体験したのは、大学のスキーツアーで大山(鳥取)に行った時だ。真っ白、真っ白、きゃ〜〜〜!なーんて2分くらいはしゃいだかもしれないが、私はその時片思いの男子がいて、そいつとなんかギクシャクしていた時だったので、心ここにあらず状態であんまり覚えてなーい!のである。
若いぜ。青春だぜ。
つーか、わたしの大学時代はバブル初期で、大学生活も九州の大学だっつーのに、なんかオサレっぽい?からスキーツアーを企画してみたり、ディスコ(!)パーティーだの、ナンパだの、ボディコンだの、合コンだの、一気飲みだの、サーフィンだの、「クリスマス=カップルでロマンティックな夜」だの、な〜んかふわふわと、色とりどりの着色料がいっぱい入ったキャンディーに取り囲まれていたような感じだった。今思うと、私は一生懸命そういう流行だのに乗って楽しんでるような振りをしていたけど、ホントはぜーーーーーーんぜん楽しんでなかった。ディスコなんて音量異常にでかくて耳痛いし、身体は音楽にのってるようなのってないような、でもああかっこいいダンスしなきゃでもステップわかんねえあ〜みんな鏡で自分見ながら踊ってるってあたしも鏡見て自分チェックしてるしーー、、、てな感じ。合コンだって、どうせアタシは可愛くないし「デカい」とか言われるだろうし大体なんで知らねえ男にお酒とかつがなきゃいけんプレッシャーを感じながら飲めもしない酒飲めって言われなきゃあかんの?とか。でもそういうのを楽しんでるのが「ナウい」(!)女子大生であるというイメージがあり、懸命に無意識にのっかろうとしていたわけである。きっとねえ、ぜーんぜん自分に自信がなかったからだろうねえ。きっととっても認められたかった、好かれたかったんだろうねえ。そんなことをしても、authenticな自分自身じゃないし、その部分で好きになられても、それは包装紙の部分だけなのにねえ。
若いぜ。
まあでも、日野原重明さん曰く「人生に無駄はありません」(名言!!!)だそうなので、そういう経験も私のどっか栄養になっているんであろう。

4月になって、小さい刻みで色んな仕事やら何やらが入っていて、どうもまだ落ち着かない。しかも〜、サルサなんて覚えたいと思いまして、週イチでもってレッスン(激安)みたいのも受けている。といっても、なんかコミュニティーセンターみたいな感じのとこで、総勢100人はいる大会場で、けっこう緊張感のないレッスン。でもそこが今のアタシのレベルにぴったしである。
私は日本人に生まれて本当にラッキーだと思っているクチだが、ダンスだけに関してはちょっと悔しいぜと思っていた。上でも書いたけど、なーんかデスコでも乗れなかったし、なんつーか、腰の動きがぎこちないのよね、日本人って一般的に。だがこれは「人種」ではなく、育ちの問題なのだーーと思ったのは、東京勤務時代、富士山のふもとで国際高校生キャンプの仕事をしてた時、日系ブラジル人の女子高生が、も〜〜絶品の腰つきで、顔以外完璧ラテン人ダンスをしてるのを目撃した時である。なんかズルい!
そういえばプロバンスにいた時に、近くの村の夏祭り(どこでもあるのね、夏祭りって、、)で、みんなダンス(やっぱ祭りは万国でダンスね)してた時、友達がいない私に丁度そこに居合わせた超ダンス慣れしてるフィリピン人の女性が、同じ唯一のアジア人つーこともあり、親切に私の相手をして一緒に踊ってくれてたんだが、途中で若オヤジフレンチ男がやってきて、「ダメだよ、そんな女同士で踊ってちゃー」みたいなことを言って彼女を奪っていったことがある。ちきしょう、この恨みはダンスで返してやる!と決心し、サルサを覚えることにした訳である。(後半ウソ。)
まあでも私より下手なアメリカ人が結構いるのを発見して、ちょっと安心。。
[PR]
by BoulderMikiko | 2008-04-12 13:21


コロラドはボルダーのマッサージセラピスト・美紀子のブログ。熊本生まれ、ワシントンDC、プロバンス(仏)、東京、モントリオール、ニューヨーク生活を経て、ロッキーの山の中人生を楽しんでおりまっす!


by BoulderMikiko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新の記事

ハラいためた子じゃないけど
at 2012-04-03 15:25
本日のびっくり&本日のがちょーん
at 2012-03-28 15:59
機械屋ケンちゃん
at 2012-02-25 17:11
やっぱり良いとこ
at 2012-02-05 11:33
ここ数日やめられへんこと
at 2012-02-02 16:42

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

カテゴリ

全体
日常生活
ボディー&エナジーワーク
映画/音楽
ニューヨーク
日本
その他の旅行やら
りっちゃん(Richard)
マスタークレンズ
未分類

お気に入りブログ

Cahier de St...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧