<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鳥の巣。「武士道」を読む。

タイトルの2つに関連は全くありませんから。ちょっと詩的?思わせぶり?村上春樹風?

いや、ちょっと前にも書きましたが、ぶらさげ式の花の鉢植えを玄関の前に飾ってたんですね。そしたらもーあなた、スーパーで買った安物(というと花に失礼よねえ)だったからか、ぜーんぜん日持ちしなくてですねえ、花はあっという間になくなるわ、葉っぱは水やってもひからびるわで、こりゃもー植え替えするしかないかなあと思ってたわけです。で、わたくし、普段の家への出入りは、隣接の車庫経由のことが多いので、あんまり玄関の出入りってしてなかったんですね。で、時々玄関ドアを中から開けると、鳥がパタパタっとその鉢植えから飛び立つことに気は付いていたんです。そうなんです、案の定、その全然美しくない鉢植えの中に、鳥の巣がこさえてありました。
まあ、宙ぶらりんだから、猫とかが襲う心配ないし、近くに良い感じで樹木も植わってるし、巣を作るにはとっても良い選択ねっ!って言ってる場合じゃなくてー、、
これじゃー植え替えも、ましてや鉢植えを下ろすことすらできないじゃん。。。

人の出入りがあるところだから、もうすぐルームメイトもやってくるし、今ほど平和じゃなくなるだろうし、玄関の前に枯れた鉢植えってのも、、、ねえ。
ということで、非常に悩ましい。
どうしよ。
何かいい案はありませんか。

さてさて、もう一つ書きたいこと。
友達が帰国した時に買って来たという「武士道」を最近読み終えました。新渡戸稲造さん著、ですね。実はあたくし、この「著書」の存在すらボルダーに来るまで知りませんでした。。元彼ヴィンがこういうのに造詣深くて知ったんだけど、で、元々これって新渡戸さんが、外国人に紹介の意味をこめて英語で書いた本だ、、ということも知って、あたしゃーびっくりしました。そんなの知ってた?
私、実は新渡戸さん自体よく知らんかったし(ホントにワシは大卒かい)、何時代の人つーのもあんまりはっきり知らなくて、「明治(しかも日清戦争後)の時代に外国人用に英語で書かれた日本の精神性の解説本」だなんて想像もしなかったですね。つまり、武士道って、武士の時代に、何らかの書面で書かれてたもんか、もしくは道場とか武家屋敷とかに、「校訓」「家訓」みたいな形で存在したんじゃないかっていう、ものすごく勝手な思い込みがあったんです。どうしてそう思ってたかは分からん。

で、この「武士道」。
ものーーーーっすごく面白い!
新渡戸さんのボキャブラリーの豊かさ、適切さ、説明の分かり易さ、造詣の深さ、洞察の鋭さ、知識の広さ(それもギリシャ・ローマ古典からその時代の欧米学者の学説まで!!)、、、、もうあっぱれ!
なんというか、日本人だから日本人として読んで面白い、というのもあるんだけど、本としての完成度がすんごい高いです。読み物として、日本に対する知識や興味がある人だったら、みんな面白く読めるはず。
日本人として誇らしい、というよりは、そういう(武士道という)生き方が尊ばれた国があったのだ、ということに敬意を表したい。新渡戸さんもちょっと言ってたんだけど、そこに書かれてる武士道は、「こうあるべき」の頂点の連なり、結晶であって、実際の生活では色んな外れた道やらイカサマ武士道もあったんだとは思う。それでもこの結晶の輝きは、深く心を打つほど美しい。
で、偶然にも最近、私のおなじみマッサージクライアントで、なんかデカい金融機関の名誉職かなんかしてるおじいさま(アメ人)がいるのだが、彼が参加している、デンバー地区の産業リーダー勉強会みたいなので、なんと「武士道」を読んで、ディスカッションするっつーのがあったのだと。「ものすごく面白い本だ」って言ってました。で、彼に「これは原著は英語で、、」と言ったら、「ええええーー?」とか言ってびっくり。「ニトベはすごい!英語であの時代に書いたのか?すごい英語の遣い手だ」だそうです。
で、英語版を渡され、「日本語版と比べてほしい」。
あちゃー、、、
日本語版はちなみに新渡戸さんじゃなく、他の人が「和訳」してます。
私が読んだのは、「読み易くなった」版だそうだけど、やっぱり言い回しも語彙の選択も古いです。
どうせ翻訳なんだから、もっと現代的な書き方の訳があっても面白いと思うんだけどなあ。谷川俊太郎さんとかー。あ、ちょっとポエティックになりすぎるかしら。
[PR]
by BoulderMikiko | 2008-07-25 15:17 | 日常生活

またマック話。

アタクシのマック、無事修理されて戻ってまいりました。
しかも、まだ若かった(マックがね)から、無料。あったりめえだろ!まだ1年もつこーてないちゅーねん。

次のアタクシのマック企画は、、、DVDのコピーだ!

映画をコピーしようとか思わないんだけどね。何度も何度も同じ映画って見ないから。
コピーしたいのは、解剖学系の教育DVDだ!!
いや〜図書館とかにもなかなか置いてないくらいだから、ホントに量産はしていないんだろうと思う。そのせいか、高い!
その、とーっても欲しいDVDを友達が購入している。ちょっと見させてもらったが、これが面白い。単なる筋肉骨神経話ではなく、身体を全体で見て、どこからどこが、どういう緊張で(筋肉と筋膜、、これがミソ)つながっていて、というのを色んな視点から解説してあるのだ。しかも分かり易い。
例えば、首が痛いつー人も、首だけマッサージしてもダメな場合がある。そういう時、身体全体から見てどこがどーなってる、どこをどうしたら有効か、というアプローチができるわけである。大抵、痛い部分だけが問題じゃないんだよね。

で、コピーするのに友達も賛同してくれたので、早速何をどーしたらDVDコピーできるのか調べてみた。調べてはみたのだが、、、
結果、、、よーわからん。わからん。
なんかねえ、まずDVDをハードディスクに取り込むソフト、取り込んだファイルを圧縮する(市販のDVDーRには大きすぎ)ソフト、んで最後にDVDに焼き付けるソフト、つーのが必要らしい。
で、マックの難点は、フリーウェアが少ないこと。ウィンドウズだったら、学校のシステムのにーちゃんに聞けば一発で教えてくれるんだが。。
フリーウェアの方がいいというのは、コピー防止加工してあるDVDも、その加工を取っ払う機能があることが多いからなのだと。つまり、市販のソフトだと、コピー防止を尊重するから、そういう裏技をきかせてくれないのだそうだ。
で、いろいろググって調べたんだけど、これがもーキレイに理解できんのです。
しかも、圧縮ソフトはどうやらフリーウェアにはないみたい。。30日間お試し無料つーのがあるので、それを利用できないではないが、30日過ぎたらもうできないわけで。

これをお読みのマックファンの皆様〜
どうか「これとこれとこれダウンロードして、こうやったらええねん!」という御指南を下さいませ!!お礼に解剖DVDのコピーを差し上げます〜〜(いらない?)

そうそう、そういえば、あたくし以前はコンピューター好きで、初歩的なことだったら結構詳しかったんでございますが、もー最近はどーだってええーーつーことで、遠ざかっておりました。そしたらですね、アタクシの翻訳会社オフィスで、遠隔操作ソフトの作動を目の当たりする機会がありまして、これはちょっと面白かったです。
テキサスに行ってるスタッフの一人が、ボルダーのオフィスにある自分のPCにテキサスのPCからネット接続を通じてアクセスするわけですね。で、面白かったのは、そのボルダーPCの画面に、こう、透明人間が操作しているがごとく、彼女のやってることがそのまま写る!マウスのポインターがさわさわと動き回り、テキストがだだーーっとタイプされ、コピペや削除やら、あたらしいアプリケが開いたりとか、通常の動作がされてるわけです。さすがにキーボードやマウスは動かないけど、ついつい見入ってしまったのは、その一連の動作のスピードや動き方がとっても人間的だったから。まあ遠隔操作しているだけで、テキサスの彼女の動きがそのまま反映されるので当たり前なんだけど、ホントに透明人間状態。自動演奏ピアノにちょっと近い感じ。
いやー技術は進化してるよなー。もっときっと進化していくんだろうね。

明日は浴衣でそうめん大会します。
写真アップいたしやすー。
[PR]
by BoulderMikiko | 2008-07-19 12:20 | 日常生活

マック修理中

あたくしの、まだ1年も使ってないマック。
はっと気付いたら、右手を置く所の端っこが欠けていた。ヘリに沿って、細長く。
一体何をしたからそんな損傷が?と思ったが思い当たらない。いつも持ち運びの時には、ちゃんとクッションの入ったケースに入れてるし。
仕方なくスコッチテープでカバーしてたが、これからまだ何年か使わせて頂きたいと思っているのに、こんな姿ではカワイソすぎる。
つーことで、ボルダーにあるマックストアに行ってみた。
マックストアは、約1年前に完成した、ボルダーでは一番大きなショッピングモールの中にある。モールと言っても、さすが一年の300日は雨なし、、という気候を反映してか、アーケードがない。しかも、ホコ天でもない。お客の立場にたって考えたんやろーか、ちょいとギモンである。
ちょっとオシャレを目指した建築、という意図は分かるのだが、入ってる店がてんで魅力がないという致命的欠陥も持っている。そのせいか、駐車場に困ったことは一度もない。ラッキー(?)。
ボルダー唯一になってしまった映画館があるので、週末なんかは結構混んでるっぽいけど、ホントに足を入れたくなる店がほんの3、4店しかなく、しかもおいしいレストランは約10件中、2件しかないという、私は大失敗企画モールだよなあ、と判断している。

、、、で話がそれましたが、この中で唯一いっつも客がいっぱい入ってるのが、このマックストア。
みんな、そんなにマック買ってんの?と思うくらい、いつも人がワイワイしてて、他の回りの店がとってもヒマそうなので対照的である。

んで、修理の話。
修理受付コーナーは「genius(天才)」コーナーという看板が出ている。ふふん。んで、オタクっぽい男子たちがウロウロしている。
損傷部分を見せたら、「あーはいはい」みたいな対応。なんかこの部分の損傷は多いのだという。「でも何をしてこーなったか、全然理由わかんない」と言ったら、「開け閉めする時に、この部分に上の(スクリーン部分)の部品が当たるから、何度も開け閉めしてるうちに磨耗するんだよ」とのこと。
えええ~~~?だってそんな何万回も開け閉めしたわけでもないし、そんなに乱暴に閉めた覚えもない。
なんか、材質の問題なのだと。それって、安物使ってるってことか?
大体、コンピューターの原価っていくらくらいなんだろう?部品のほとんどはプラスチックだしー。
アップルって、もんのすごく儲けてそうやな。

というわけで、修理に出している間、またまた隠居中だったソニーのVAIOをひっぱり出して使っている。キーボードに不具合があって、スムーズに使えないとはいえ、基本的にはたくましく動いてくれてありがたいことである。
しかし、あれよね、ウィンドウズは2000で進化を止めるべきだったとしみじみ思うねー。
[PR]
by bouldermikiko | 2008-07-15 14:35 | 日常生活

ジルベルト・ジル

今日7月4日はアメリカ独立記念日でお休み。
外はすごい日差しで暑いんだが、そこは乾燥山間地帯だけあって、家の中はエアコンいらない涼しさでありがたい〜〜。
NYでは、エアコンのない夏は考えられなかったからなあ。。

さて、昨晩は久しぶりにライブ音楽を聴きに行った。
ブラジル音楽の超大御所、ブラジルの国民的歌手、かつ現在はブラジル文化省の大臣とかやってる(このノリがブラジルよね)、ジルベルト・ジル。
日本で言うと、北島三郎と坂本龍一を足したような存在か。(すんげえ想像し難いすね、すみません、はい。)
しかも、デンバーではなく、ボルダーでのコンサート。ボルダーシアターという昔からある決して大きくないホールで、一階は全て立ち見(つーか、みんなで踊る)、後方にあるバーではお酒も売ってて、ビールなんかひっかけながら歌って踊るわけである。チケットも42ドル。もし日本で彼のコンサートなんか行ったら、きっと倍はしたであろう。
一緒に行った友達は、ブラジルにしばらくいたことがあって、「7時開場、8時開演」だと言ったら、「ブラジル人でしょ?きっと8時開場で9時過ぎ開演だよ」と言ってて、ほんとーにその通りだったので笑えました。
でも以前、NYで坂本龍一のソロ・ライブに行ったら、やっぱり開場&公演が予定より1時間は遅れたので、これはそういうものなのかもしれない。こう、期待感を高めらせるというか。今回はお酒も売ってたし、待ち時間が長いほど、売り上げも上がるという公算もあったのだろう。

で、本題のコンサートはというと、、、
いやーーーーホントに良かった!
もう66歳とはとても思えない、エネルギッシュで楽しいライブだった。
もーアタクシは最初っからずーーっと踊ってました。はい。
サルサを習いだしてから、ちょいと腰の動きが軽くなったかもしれません。あと年とって、あんまり回りの目が気にならなくなったかも。(←やばい?)回りの人も結構踊ってたし。いやあ、でも、音楽って耳だけで聴くもんじゃ絶対ないよねえ。ほれ、北島さんだって(←しつこい?)ちょっと振りが入ったりするし。

彼の音楽は、ブラジル音楽と言っても、ロック、レゲエ、サンバ等々、バラエティーに富んでいて、今回はブラジル人かつ海外の彼のファンはみーんな知ってるようなヒット作(北島三郎で言うと「祭り」とか「与作」とか。(←しつこいって、、))の他、ボブ・マーリーやビートルズの作品のアレンジなんかもあった。
でも、ヒット作になると、特に前方の、在コロラド・ブラジル人と思われるグループがブラジル国旗とか広げたりして、会場みんなで歌ったりして、ものすごいノリで盛り上がった。なんか、明るい、喜びに溢れたノリ。

いいなあ、ブラジル。
行ってみたいなあ!
[PR]
by BoulderMikiko | 2008-07-04 04:05 | 映画/音楽


コロラドはボルダーのマッサージセラピスト・美紀子のブログ。熊本生まれ、ワシントンDC、プロバンス(仏)、東京、モントリオール、ニューヨーク生活を経て、ロッキーの山の中人生を楽しんでおりまっす!


by BoulderMikiko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ハラいためた子じゃないけど
at 2012-04-03 15:25
本日のびっくり&本日のがちょーん
at 2012-03-28 15:59
機械屋ケンちゃん
at 2012-02-25 17:11
やっぱり良いとこ
at 2012-02-05 11:33
ここ数日やめられへんこと
at 2012-02-02 16:42

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

カテゴリ

全体
日常生活
ボディー&エナジーワーク
映画/音楽
ニューヨーク
日本
その他の旅行やら
りっちゃん(Richard)
マスタークレンズ
未分類

お気に入りブログ

Cahier de St...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧