<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

6月報告・完結編

まあ、完結編といっても、6月まだあと4日強残ってるよねえ。
後は番外編にするかなーー

それから。
久しぶりに日本映画を映画館で観る機会が!
デンバーに「おくりびと」がやってきたんですねー。
「ほぼ日」でイトイさんがものすごく推してて、モックンとかにインタビュー(www.1101.com/okuribito/2008-11-25.html)もしてた 
 ので、全米公開されるといいな~とずっと思ってたのでした。
さすが、オスカーを取っただけあったぜ! 、、、けどね、やっぱり数少ないアート/インディペンデント系の映画館だけなんだね。しかも、上映期間はきっと2週間くらいであろうと思われ、行ける時に行く!という気合で行かねばならない。(今日調べてみたら、上映期間延長されておりました。客入りが予想より良かったのかな。)
いやあ~~~~泣きましたね。
悲しいとかだけじゃなくて、あまりに美しくて。
儀式も景色も心も美しくて。
誘ってくれたのが、一緒にお茶のお稽古してるやっちゃん。
2人とも、茶道に共通するものがあるねーという感想でした。
なんというか、、、きっとこれは日本だけではないと思うんだけど、やっぱり「美を創る」「美に生きる」「(ものに)美(命)をそそぎこむ」、、、そしてその美が生死や時間や空間も超越する、、みたいなコンセプトを日本はすごく大事にしてきたんだと思うんだよねー。そういう国に生まれて、私は本当にラッキーだったとも思う。

あとは~~、
そうそう、やっと日本人の美容師さんをデンバーで見つけたのでちょっと髪切って見たり。
また水泳を開始したり。
クレニオの勉強、もうちょっとしなきゃね。
瞑想もさぼってるなあ。。
来週末は、アメリカ中が大騒ぎ、花火と怒涛の独立記念日週末だ!
あたくしは、、、もいっぺんバイク旅行に行く予定でっす。今回はもちょっと遠出します。
どうなることやら~~~
[PR]
by BoulderMikiko | 2009-06-26 04:16 | 日常生活

続々々・6月報告(まだ続くんかい、、、?)

この「ヒョウの嵐」にはなんと翌日も見舞われることになったのだが、この時も間一髪でレストランに入っていて難を逃れることができた。ラッキー!!このヒョウの後には、どう見ても真横に降っている大雨も続き、それが明けた合間を縫って、泊まっている小屋へと向かったのであった。すごいぜコロラド。
いや、もう一つあった。。。
最終日にボルダーへ帰る際、北コロラドを通るルートを選んだのだが、谷を縫うというより、これは平原を突っ走る感じ。で、当然ながら風がものすごー強い。コンスタントにゴゴゴーーー!っとほぼ同じ方向から吹きっぱなし。はるか前方に越えるべきロッキー山脈が見えたが、帰りは山頂越えではなく、谷間を抜ける計画。ちょっと安心。どーみても不吉な雲に覆われた山頂の天気は、来た日以上に悪そうなんだもの。。

で、ふと平原側の方の景色を眺めてみる。
ありゃ?
別の意味で不吉そうな雲、、、、これは、えーとえーと、、、、
そうだ!竜巻前の雲のフォーメイションだ!
ほほぉ、なるほどね~~~、、、、
って感心してる場合か?!
こう、なんつーの、天と地が雲でつながっている感じ?まだ竜巻ほど集中して細くなってないけれど、地面についた部分の雲と天の部分が広くて、中間が狭まってる感じ。いかにもこれからもっと細くなって行きます~という気配。。。
ビ、ビリー隊長!いーのかなこのままで?
「ねえ、左の方の雲見てみて?」(冷静を装いつつ。)
「おおすごいね。」(冷静)
感想はそれだけすか??
ま、いいか~~、竜巻ができてる訳じゃないし、止まってもしゃーないし。覚悟を決めたぜ。(こればっか)

無事に山脈を抜け、ボルダーの北から一気に南下。雨雲が西から近づいてくるのが見えたので、なるべく東に逃げるルートで雨を避けつつ、、、
無事到着!!!!
やたー!

(まだ続く)
[PR]
by BoulderMikiko | 2009-06-25 02:09 | その他の旅行やら

続々・6月報告

〜前回までのあらすじ〜
ロッキーにツーリングに行ったら天気が悪かったとさ。(←今ひとつ親切じゃないあらすじ。。)

、、、で、富士山って登頂してみるとぜーんぜん山自体は美しくないのと同じで、ある程度の標高になると草一つ生えてない、月面状態なんですね。まあ雪がここそこ残っていて、全くの月面ではなかったものの、雲と霧とで見えるべき連山も見えない。しかも車でさえ強風のため超ノロノロ運転。バイクってのは、あんまりノロいと安定性が落ちるので、ちょっとドキドキ。風のふき方も、思わぬ方向からばばっ!と吹いたかと思うと、逆からまたばばっ!ひ、ひえ〜〜〜。。なるべく自分の身体が風の抵抗を受けないようにし、同時に重心を下に下ろして安定するように心がけてみる。
ああっ、しかし、、、この道路の続く先の方は、もっと雲が厚そう。。。絶対吹雪きやって。。
で、インターフォンでちょっと遠慮がちに運転手のビルくんに聞いてみる。
「あの〜〜〜、、ね〜、先の天気さあ、どう思う?」
「うん!雲あるけど、まあ先進んでみよう」
と、自信満々、しかも声のトーンが平常と全く同じ調子のご回答。アタクシが運転してるわけじゃないし、キャプテンにお任せするしかないか。まあこんな声の調子だったら何とかなるやろ! 、、と自分に言い聞かせ、覚悟を決める。まあここはどうせ吹きっさらしで隠れる所も何もないし、ここまで来て後戻りしてもしゃーないし。
そして、一番の山頂を越え、太平洋側(!)に降りて行くと、やっぱり雲が厚いだけあって、雪も横なぐりの暴風に混じって吹き荒れる!ぎゃーーー!!マジーーーー?? ちょっと怖いよおーーー。。。 「き、緊張しないで、、自分の足、自分の座席を感じてーーーー、、リラックス〜、、バイクを感じて〜、、、 自分の中心線感じて〜〜〜、、 、」
もう念仏のように唱えました。クレニオやってて良かったわ。実はこれって全部クレニオのトレーニングからの発想だ。
、、しかし、国立公園の入り口の料金所のオヤジが言ってた通り、めっちゃくちゃ寒い!!いい手袋してるんだけど、それでも手の感覚がなくなってきた。。
そうだ!そんな時に役に立つのがヴィパッサナ瞑想だ!! (爆!)
「この今している状況は永遠には続かない。遅かれ早かれ過ぎ去って行く。だから落ち着いて、今の状況に囚われないで、、、び〜はっぴ〜〜〜(爆!!)」
で、目的地に着いたらジャグジーが待ってるな、とか、赤々と燃える暖炉をちょっと想像してみたり。熱いお茶のみて〜、、、
「ヘイ、Are you OK?」と突然聞かれる。
「Yap!!!!(もっちろん!!!みたなノリ)」・・・あたし、めちゃ元気やな!熱い風呂想像しただけで怖いもんナシかい。
でも私のこの声の調子で、ビルくんは実はすごく安心したんだと後に言っておりました。私が怖がってたり怯えていなかったので、信頼されているんだなーとも思い、運転に集中できたんだそうだ。

で、もちろん、こんな状況は永遠には続かないのは真理なわけで、下に降りて行くほどに風もやわらぎ、気温も上昇。
もうあんな経験を乗り越えちゃったから、多少の風やら雨やらはカワイイもんである。目的地まであと1時間半くらいの町でゴハン。チキンとソーセージとトマトのスープであったまる。
c0112622_1339663.jpg

やったぜ俺たち!すごいぜ俺たち!と自画自賛していたら、突然窓の外からすごい音量で「ザザザザザザー!!」
、、、なんとヒョウがすごい勢いで地面に降り注いでいる!!!!
思わず顔を見合わせる。あと5分遅かったら、こいつらの餌食になっていた、、、、、

<続く>
[PR]
by BoulderMikiko | 2009-06-24 23:47 | その他の旅行やら

続・6月報告

前回の続き!

えーと、、、そーそー、それでねえ、オートバイでツーリングに行ったんすよ。
彼もそんなにベテランライダーでは(うっ、「ライダー」と書いた途端、「仮面」と付ける衝動にかられるぜ、、小生ライダーベルト所有経験有り)ないので、まず二人乗りの練習を2~3時間X2回ほど近場で。
で、感触をつかんでから本番。
バイクが意外に安定してたし、彼が安全運転な人だということも良くわかって、まあほぼ安心してた訳ですね。
しかも、ちゃんとディーラーシップの店で、私用のヘルメットは勿論、ものすごいハイテクのパッドがあちこちに仕掛けてあるジャケット&パンツも買ってくれ、多少のことがあっても大丈夫なアイアンマン仕様である。
・・・ちなみに、こういうのってとーーっても高いんすね。ワタクシにはとても買えません。なんか着々と支払いを済ませる彼を横で見ながら、「この人、私と別れたら、私と同じような体型の人と次も付き合わないともったいねえよなあ~」と他人事ながらちょっと心配。わはは。で、その話をデビィ(ルームメイト)にしたら、「何言ってんの、もちろん買ってくれたんだから、もらわないとダメっ!」と一喝。ひゃはは!そーよね、もらっちゃえ!
ま、でも安全第一なので、運転する人間として、リスクは最小限に抑えたいとことでした。さすが大人!(同い年)

・・で、旅の続き。
5、6月のボルダーといえば、例年短い春から一足飛びに夏のギンギラ気候に入るのが常なのですが、今年の天気は変!
まず雨がやたらと多い。午前中晴れでも午後からわやわやと雲が出て夕方には雨、暴風、雷。夕立ってのとはまた違う。そして、寒い。そんな毎日が続いているのでした。
私は実は雨も好きなので、ヤダヤダとは思ってなかったんだけど、バイクとなると話は別。
案の定、出発当日も風が強く、山の方へ向かうほどに雲も増える。
出発前にさんざん天気予報ウェブサイトやらレーダーの雲の動きやらチェックしてたけど、やっぱり山の天気ってのは分かんないんだよね。一瞬にして変わっていく。無理はしないで、運転困難になったら止まる、どこか途中で泊まっちゃってもオッケーという話もしたほどであった。
でも景色は美しいし、何よりこう、車と違って、空気、風感、太陽の強さ、動きなんかを如実に感じながらの走行はとっても気持ちがいーーー!ひゃっほーー!!
だがしかし。
標高12,000フィート(3,700m弱)のcontinental divide、、、

おっと時間切れ。。
[PR]
by BoulderMikiko | 2009-06-23 04:16 | その他の旅行やら

6月報告

一ヶ月のご無沙汰でございました。
うひょ〜〜〜!あっという間でございますね。。。
ものすごい大事件とかあったわけではないものの、こまごまと色々あった1ヶ月だったので、ちょろちょろと報告をば。クロノロジカルではないのでご了承下さい。

まず〜〜クレニオのモジュール4終了。
今回はですねえ、あたくしも最終日にとうとうブレイクしてしまいまして。 4日目の午後の練習セッションを受けてる時に「あれ、何かしらコレ、、、なんだか、、、悲しい、、、それに右ももから足までの感覚がない。。。なんで???」みたいなセンセーションを感じまして、その旨言ったら、TA(Teacher Assistant)がすぐ側に付いて、その時はそのまま「乗り切った」感じだったんだけど、翌日午後の練習セッションで、やっぱり同じような「理由のない悲しみ」がおしよせてまいりました。普通、悲しい時って、なんで悲しいかのイメージ(記憶だったり)とか、理由が大体あるもんだけど、この時の悲しみってのが、もう全くそういう背景も芯もない、単にものすごい「悲しさ」が身体を覆いまして。施術してるクラスメイト、TAには随時自分がどんな状態か、何を感じてるかとか報告していて、もちろん「なんか理由が全く分かんないけど悲しいですうーーーー」とか言ってたら、とうとうしゃくりあげ始めてしまいました。も、そしたら止まらないですな。ひんひん泣いて、先生のアナもやってきてくれて、ものすごい優しい笑顔で、「目を開けて、私の目を見て〜〜」「今自分の体重を感じてる?つま先を感じることができる?」
「、、は、い、、、(ひ〜んひ〜ん)」
「大丈夫、大丈夫、、、そうそう私の目、まだ見てて、、、」

なーんてしてるうちに、波が曳いて行くように、この云われない悲しみも少しずつ消えていき、私は大きなため息。
なんとも平和な気持ち。。。
は〜〜〜〜、、、、やれやれ、、、

クレニオの世界では、こういう身体的な感情の解放ってのは、「何が原因で」とかって追求はしません。もしかしたら、りっちゃんの死に対する悲しみの残りかもしれないし、ヴィンとの別れかもしれない。自分が一人でいるやるせなさ、小さい頃の悲しい思い出、、、。分かりません。んで、精神カウンセリングなんかでは、それをとことん突き止めたりすることもあるけど、クレニオでは「身体的に何か(過去のトラウマとか)が解放されて、流し去ることができた」という事実を大事にします。アタマで「きっとこれはあれが原因で、あれがこーなってどーなって」と例え理解できても、身体に残るトラウマや感情は解放されず、相変わらず原因不明の肩こりが治らないとか、どうしても斜め右方向を見ることができないとか、何かトリガーあるたびに身体が震えるとか、ってのが起こったりします。で、クレニオでは、そーゆう「アタマでの理解」ってのをまず置いといて、身体の方に「どんなんすかー?」って聞いてみるわけですね。で、身体が「いや〜、これがさあーー」って言い出して、「も、要らないのー、出して流してもいいかなあー」みたいなノリで(注:人によってノリは違うだろ!)解放→自由になる、、てな感じでしょうか。
。。。というわけで、非常に面白い第4モジュールでした!

それから〜〜
翻訳会社の同僚でNYオフィスから4ヶ月だけということで来てた子がNYにまた戻ることになり、その帰り際のパーティーやらカラオケやら、お茶のお稽古に招待やらで楽しく大騒ぎしてました。
私は実は、今までアメリカ人女子となかなか友達になれなくて、12年とかアメリカ住んでるのに(長!)、ホントにぽつぽつとしか一緒に遊ぶ人いなかったんですね。けど、この子(厳密にはペルー人で18歳からアメリカに15年くらい住んでる)とは妙に気があって、楽しかったのでとっても残念!
ものすごい明るくカワイくて、パワーのある子なんだけど、色々話をしてみたら、やっぱり過去にとても辛いこととか抱えてて、、、何というか、そういう辛い、悲しい体験をしてそれでも顔を上げて生きてる人たちってのは、いっそう光があるというか、深さと強さを感じます。NYで再会するのが楽しみ〜〜。

それから〜〜、、えーっと、Facebook登録の方はちょいと垣間見てらっしゃるかと存じますが、アテクシ、最近仲良しにしている男子(同い年!)がおりまして、彼のバイクでもって3日間ツーリングに行ってきました!私は運転しませーん。後部座席で、ヘルメットについたインターフォンで「あ〜、鹿注意〜!」とか会話しながら座ってるだけですな。非常に優れたBMWのでかいバイクだったので、とっても安定しておりました。
・・・・とは言うものの。
とってもヘンテコな今年の夏の気候。
朝はまだしも、午後になると雨風がひどい、という毎日が続き、ツーリングの時も例にもれませんでした。Continental Divideという、アメリカ大陸を東と西に分ける分岐点(つまり、ここを境に雨は太平洋側、大西洋側へと分かれて流れていく、、、)を通った時は、なんと雪と暴風!!
まじかよ?! うそっ、うそっ、、、と心でつぶやきながら、、、

おっと時間切れ。
また書きます!
[PR]
by BoulderMikiko | 2009-06-21 06:43 | ボディー&エナジーワーク


コロラドはボルダーのマッサージセラピスト・美紀子のブログ。熊本生まれ、ワシントンDC、プロバンス(仏)、東京、モントリオール、ニューヨーク生活を経て、ロッキーの山の中人生を楽しんでおりまっす!


by BoulderMikiko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新の記事

ハラいためた子じゃないけど
at 2012-04-03 15:25
本日のびっくり&本日のがちょーん
at 2012-03-28 15:59
機械屋ケンちゃん
at 2012-02-25 17:11
やっぱり良いとこ
at 2012-02-05 11:33
ここ数日やめられへんこと
at 2012-02-02 16:42

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

カテゴリ

全体
日常生活
ボディー&エナジーワーク
映画/音楽
ニューヨーク
日本
その他の旅行やら
りっちゃん(Richard)
マスタークレンズ
未分類

お気に入りブログ

Cahier de St...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧