<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

期せずしてどっぷり日本語の海に潜る

どう英訳する、これ?

あたくしは人に自分の職業言う時、「マッサージセラピスト」だと言っておりますが、パートタイムで翻訳会社のお仕事もしております。

といっても、翻訳をしてるんじゃなくて、プロジェクトマネージメント、、つまり、翻訳者・校正者と翻訳依頼側のなかを取りもつ役目ですな。翻訳するものの内容によって、適した翻訳者を探したり、コスト計算したり、スケジュールを調整したり、翻訳書類の最終確認をしたり、トラブルに対応したりってのが主な仕事。

でも最近、日本語訳のプロジェクトが来た場合、あたくしが校正役をするようになってきました。校正仕事を以前してたわけじゃないし、普通は他の翻訳家か校正専門家が校正を引き受けることが多いんだけど、小さな依頼があった時に、このくらいならって言うんで引き受けて、そのうち原訳した翻訳者にも、私の校正結果を認められてきたこともあって、だんだん大きなプロジェクトの校正も任されるようになった次第。国語が好きで良かったぜ。(給料上げてください。)
校正って結構面白いんだけど、言葉、言語、意味、その文章を読む対象者は誰か、目的は何か等々、改めて色々と考えさせられます。あと、「てにをは」に異常に注意を払ったりとか、同じ意味でもどういう言い回しが最も適してるんだろう?とか。

で、いつもは英語から日本語へ訳された文章の校正をするんだけど、一度、小さな特許書類の日本語>英語訳の校正をしてみたら結構いけたらしく、先日はものすごいでっかい特許書類の英訳の校正を任されてしまった。

いや〜特許文書ってのは、、、、、ものすごーーーくつまんない!!
これはもう、日本語だからとか英語だからの問題じゃなく、意図的に「味気」も「素っ気」もこれでもかと抜き取り去った、機械的に説明された文章の羅列。しかも、同じようなフレーズの繰り返しが延々と続く。まあでもそれだけなら、こっちも機械的に処理したらいーんだけど、本当に訳が正しいかもチェックするには、その特許技術の内容も理解する必要がある!あたしゃ〜文系だっつーのに。。。
もう、少しでも分からない箇所があると、インターネットと電子辞書を駆使して調べまくる。インターネットが、電子辞書がこの世界にあって本当に良かった。で、日本語の原文が言いたいことをまず理解して、それから英語がホントにそう訳してるのかどうかをビシビシにチェックするわけですな。

今回の技術は、私がなーんも知らない分野だったけど、調べてたらその機器に使用されてる技術の原理、使用・応用のされ方なんかが面白くって、「ほお〜すげえ〜、なるほどねーーー、OO君(開発者)たら、すげーあったま良いねえ〜〜」とか一人でブツブツ感心しておりました。

だがしかし。

この英訳バージョン、、、、ひどい訳なんだこれが!
もちろん日本語堪能で特許翻訳を専門とするアメリカ人が訳したんだけど、日本語理解云々以前に、文章中の図式の番号をゾロゾロ間違えてたり、「右・左」「高・低」が逆だったり、言葉や文一つごっそり(!)抜けてたり等々、てめーなめとんかー!と、もし本人が横にいたらハリセンぶちかましてたに違いないアホなミスが続々。漢字一文字の違いで、全く別のモノになるのは日本語では当たり前なのに、似てる言葉はそのまま同じ訳をされていたり。ちゃんと読んだらヘンだって気づくはずじゃん?文章の意味の取り違いもあちこち。
信じられん。
校正の量、ハンパじゃない。
真っ赤。
これでもプロか。
もしやこの人、、、今までこんなザルな仕事をしても許されてたんだろーか。(ウチの会社で彼を起用したのは初めて。)

思いっきり校正マークだらけの原稿を戻したら、電話とメールで謝罪しつつ言い訳してきた。「今回、早く仕事しすぎちゃって、それに原文の文章もヘンだし云々」だって。
かっこわりーよ、おっちゃ〜ん!
締め切りも迫ってきて、もうあたくし夜中までかかっちゃったわよ。
仕上げ段階では、「君と僕で素晴らしい特許文書を作り上げることができたね」とかしゃーしゃーと言ってきて、わたしはもう彼を起用することは2度となかろうと思いました。

かと思うと、英語から日本語訳の校正で、最近面白いプロジェクトが。
この原稿は特許とはまるで逆の、マーケティング的な要素をふんだんに含んだ、味も素っ気も情緒もある文章。

私は以前から、例えば海外の博物館や観光地にあるパンフレットの日本語バージョンの文章って、ぎこちなくって、いかにも「ちょっとヘンテコだけど原文がそうだから仕方ないんです〜」って言ってるみたいでイヤだったんだけど、この翻訳原稿もそんな感じ。
・・・これは、もしかして、チャンス?
できるだけ普通の日本語らしい日本語にしてみたい!

というわけで、翻訳者の方にはちょっと申し訳なかったんだけど、またまたネットと辞書を駆使しまくって、内容はモチロン変えることなく、でも言い回しがもっとスムーズな訳になるよう(かなり)校正してみた。「てにをは」もヘンなところがいくつかあったけど、それは英語と日本語の文章の構成の違いから発生しがちなので、「意訳」寸前のところまで変更してみたりした。

結果、この翻訳者の方、ほとんど何のコメントもなく変更受け入れてくれた。あらま。
やってみるもんだなあ!

でもこれ、やってると面白い。
日本語の良い意味での緩さ、表現の豊かさ、ニュアンスの出し方、、、
でも逆にいうと、日本語はその表現していることの背景にあるものへの共通理解を強く要求してる言語だなあと思う。常に今の日本語を読んでないとこの仕事は難しいだろーな。
ボケ対策になるか?(忘れっぽいのは治らんやん!)
[PR]
by boulderMikiko | 2010-03-31 16:28 | 日常生活

ここ一週間の人生、あれこれ

今日はドカ雪のボルダーです。
ほんの昨日まで、もう「春?これが春なのね?妖精さんこんにちは!」とささやきたくなる(なりません)ような春日和だったっつーのに。

そして、その輝くような春の日々を台無しにするかのごとく、週前半あたくしはストマック・フルーってのにかかっとりました。
直訳、腹風邪?腹インフル?
あたくしの周りの人々が次々とやられてたものの、ワシは腹には自信アリ!何でも食うで!とたかをくくっておったのですが、、、
週末の夜に、どうも胃のあたりがムカムカムカムカ、、、、なんか胃酸過多っぽいような、でもちょっと違うような、吐き気があるようなないような、、イヤーな状態が半日以上も続きまして。そのうち頭痛、微熱、頭フラフラ、、、。ベッドで横になっても眠れないし、そのうち背中が痛くなって、そこではちょっと心配に。
というのが、2001年にあたくし急性肝炎をやったことがあって、その時自分が肝炎なんてこれっぽっちも思わなかったけど、とにかくひたすらムカムカと頭痛に加え、背中がやたらと痛かったんですね。(あと大量の冷や汗。。。これで脱水状態になって超低血圧になり、生理食塩水の点滴3リットル。)
で、自分で今回は肝臓あたりを触ってみて、腫れてる感じや痛みはなかったので、きっと肝炎ではなかろうと思いつつ、とりあえず白湯や、軽い塩水&レモン汁なんてのを飲んだりしておりました。

でもどうしても、どうしても、状況が変わらない。
やっとられん!!
ここで、一つ決心。

以下汚い話なのでご注意〜〜〜〜!

何か悪いバクテリアかウィルスが胃腸にいるに違いないから、出てこないんだったら出してやる!
つーことで、スプーンをのどにつっこんで、無理矢理吐いてみた!

そしたら・・・大成功ですよ、あなた。

出る出る。
いやーーーすんげえ出る。
ほとんど水なんだけど、8時間以上前に食べたようなものがまだ固形で出てくる。
も、ぜーーーーーんぜん消化されてなかったワケですな。

もちょっと塩レモン水を飲んでみる。
またムカムカするので、スプーン技!

わおわおわお!!
マジっすか?出る出る出る!

、、という荒行のおかげで、かなりスッキリ。
疲れもあって熟睡。

翌日は、ムカつきはないものの、今度は●痢に移動のもよう。
図にのって、大腸の方もスッキリさせるべく、マスタークレンズで覚えた「塩水フラッシュ!」を敢行してみた。

、、、これまた、大成功!
すっきし!

あとは、アシドフィリス菌やビフィダス菌のカプセルを大量に飲んでみる。
善玉菌、もっと暴れてくれ!

翌日も、まだ固形のものはあんまり食べたくないと胃腸が言うので、夜におかゆ食べたけど、全然平気。

つーことで、まとめ:腹インフルの時は、ヘンに薬やら何やら飲まず、出す!出す!出す!

、、、というカルマ落としのような病気明けに飛び込んできたニュースが。

なーんと、あたくしの大家さんが、年末に亡くなっていたんだと。
亡くなった?
年末??
3月分の家賃も、彼宛に送ってたっつーのに。

連絡してきたのは、実質大家の役目をしてた彼のムスメ。もう86歳で奥さんにも先立たれていたし、早く奥さんに再会したいみたいなことも言ってたらしい。
いい大家さんだったのにな〜〜。。合掌。

で、彼女の電話の主旨は実はそこじゃなくて、そこで彼の子供たちが話し合って決めたのが、この家を売ることにした、ついては契約切れるまでに出て行ってほしい、、ということ。
なんかねえ、亡くなったって彼女が言ったとたん、多分それが主旨だろうなあという気はしたんだよね。
でも今は不動産価格がすごく下落してるし、for Saleの看板をあちこちに見かける、完全に買い手市場だというのに、売れるんかいな?
ま、それはさておき、あたくしとデビィはこの心地よい家を出なければなりませーん。
あ〜あ。。。
もう引っ越しイヤなんだけどー。
どなたか、良い物件(2BR & 2BA)をご存知の方、よろしくお知らせ下さいませ!!
[PR]
by BoulderMikiko | 2010-03-19 13:26 | 日常生活

次の人生では

突然ですが。
今度生まれて来たとき、もしアメリカで生まれたら、私は車の修理工になろーかと思います。

も~!なんだかな~~~!

朝の通勤時に、パネルに点灯する「CHECK ENGINE」のサイン!
え、エンジン~?!
エンジンに異常なの?
うそーーー
心臓疾患てことよね?

びびった私は、速度落として、気をつけながら走る。
即、行き着けのガレージに電話して予約。
幸い、仕事終わってすぐの時間に取れたので、早速お願いする。

結果、、、なんだかエンジンの「酸素センサー」が汚れててダメになってて、放っておくと燃費に影響が出る、とか。
で、修理するには、酸素センサーを交換して、更にそれに合わせてコンピューターシステムをプログラムし直す必要がある。

出た!「コンピューターシステム」!

部品代、修理代、税金、等々込みで約350ドル!!
まーじっすかーー!日本円で4万円くらい?高いの?安いの?

でも他に手立てはないから、お願いすることにしたけど、でもあんまりシリアスな問題でもないような。。。でもでも、いっつも「CHECK ENGINE」なんて点灯が点いた車を走らせるのは怖いし。

なんだかなーなんだかなーー、やっぱり無知な女性ドライバー、しかも見るからに何も車のこと分からん風情のアジア人女、なーんかぼられてるような気がしないでもないのよねーーー。
でもかなりの車好きで、自分でオイル交換なんかできちゃう人でも、最近の車はコンピューターシステムが入ってるから、「自分で修理」ってのがほとんど不可能になってきてるんだそうだ。

で、この件を隊長に話してみたら、「ワハハハ、これでまた一人、そこの従業員がカンクーンにバケーションに行けるね~」だと。
隊長の知り合いの修理工のオヤジが、酔った勢いで言った話では、やっぱりなーんも知らんような客からは、てきと~に言ってぼったりってのはよくあるんだって。やっぱしね!くそー!
で、その彼の密かな楽しみは、「なーんも知らん客」の、特に女性客が問い合わせてきたきた時に、「ふんふん、で、エンジンはどんな音を立ててますか?」と聞くことだそうだ。
「もうねえ~、想像を超える色んな表現で答えてくるんだよ~~!面白いぜ~!え?いや、どんな表現するか楽しみで質問してるだけだよ?」

・・・こーゆー話、マジむかつくぜ!

てなわけで、アタシは次の人生で、アメリカに生まれたら、誠実で実直で素人を笑いものにしない自動車修理工になるのである。
、、、なーんて今は言ってるけど、実際になったら、やっぱりカンクーン旅行ゲット!に情熱燃やしてるんだろな!ワハハ。

次の人生って、どんな人生なんだろーなー。。。
[PR]
by BoulderMikiko | 2010-03-05 04:25 | 日常生活

「アバター」観た?

アテクシ、遅ればせながら、週末に話題の映画「アバター」観にいきました。
もちろん3D、IMAXシアターで。

いや、ストーリーは、なーんも知らんかった&期待していなかったせいもあるけど、意外と面白かった。そしてやっぱり、映像がすごく美しい!不思議な立体感!
IMAXの大画面ということもあったけど、スケールもでかいし(これはやっぱDVDじゃなくて映画館で観るべき!!)、限りなく実写に近い宮崎アニメのまた上を行く、という感じ。

ちょっと残念と思ったのは、、、
(以下ちょっとネタばれになるので、ご注意)

原住民の設定が、生活形態も外見も、思考体系も、言語の響きも、あまりにもアメリカインディアン、もしくはアフリカン的で、結局「白人 vs 原住民」という描き方の域を出てないというか、そういう固定観念を助長してるなあ、という感がぬぐえなかったこと。
この映画がターゲットにしている観客が、もちろん所謂「アメリカ人」であることから、そういう設定にして「アメリカ人(白人)」の良心を刺激する、、、みたいな意図が、あったのかなかったのか分かんないけど、ストーリー的には20年前の映画「Dances with Wolves」(ケビン・コスナー唯一の名作ね)がハイテク/近未来バージョンになっただけで、もうちょっとひねりのある設定でも良かったんじゃないかね?と思いました。軍隊の面々も白人だらけだったし。もっと黒人・ヒスパニック・アジア人がいるはずでしょうが、と突っ込みたくなりました。

でもまあ、3Dであることが、この映画の一番のウリであるわけで、3Dの良さをとても上手に引き出した映像であったことは間違いありませーん。
あと、主人公が下半身不自由である、という設定や、人間と原住民のサイズがかなり違ってたのも、なかなか面白い利かせ方。

それはともかく。

実はアバターで私が最も気になっていたことは、「画像に酔って気持ち悪くなったらどうしよう」だったんですね。アクション満載らしいし、それが3Dになっちゃったら、間違いなく酔いそうじゃん!?
それで、今まで観るのを躊躇してたんだけど、友達数名が「良かった!見るべき!酔わないよ!」と太鼓判を押してくれたんですね。
でも付け足すように「もし酔ったら、お金返してくれるよ」とも言われ、つーことはやっぱり酔う人がいるんじゃん!とも思い、ちょっとドキドキしておりました。

それなのに、あたくしが行ったのは土曜日の夜、しかも開演ギリギリの時間。
ほぼ満席状態。前の方の席しか空いてない。バカバカバカ、バカなあたし。
IMAX大画面をこんな目前で見て、大丈夫だろーか?「Bourne Ultimatum」(「ボーン」シリーズの3作目)を、やっぱりギリギリに行って最前列で見た時に、アクションシーン(殴る蹴る飛ばす)なんか、誰が何をどーしてんだか、さっぱり分からなくて目が回ったし、戦争映画でパニックアタックになったことあるし。
うううう、、、


結果。

あ~~~酔った酔った酔った~~~!
もーートイレ駆け込んで、ポップコーンぜーんぶはいちゃったさ!
やっぱりねえ、一番後ろの席とかで観るべきだったね、せめて。
かなり我慢して、途中ちょっと3Dメガネを外してみたり、深呼吸してみたりしてたんだけど、後半の爆撃シーンあたりでもーーたまらん!って駆け出してしまいました。

・・・その後はスッキリしたので席に戻り、もうひと暴れ大戦闘シーンもあったりしたけど、全然ヘイキ。
映画終了後は、すっからかんになった胃袋のおかげで食欲バリバリもりもり!わははは!

ということで、「アバター」おすすめ!!(って説得力に欠ける?)



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by BoulderMikiko | 2010-03-01 05:08 | 映画/音楽


コロラドはボルダーのマッサージセラピスト・美紀子のブログ。熊本生まれ、ワシントンDC、プロバンス(仏)、東京、モントリオール、ニューヨーク生活を経て、ロッキーの山の中人生を楽しんでおりまっす!


by BoulderMikiko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

ハラいためた子じゃないけど
at 2012-04-03 15:25
本日のびっくり&本日のがちょーん
at 2012-03-28 15:59
機械屋ケンちゃん
at 2012-02-25 17:11
やっぱり良いとこ
at 2012-02-05 11:33
ここ数日やめられへんこと
at 2012-02-02 16:42

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

カテゴリ

全体
日常生活
ボディー&エナジーワーク
映画/音楽
ニューヨーク
日本
その他の旅行やら
りっちゃん(Richard)
マスタークレンズ
未分類

お気に入りブログ

Cahier de St...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧