<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新年の抱負っぽいこと

年が明けると、必ず「今年こそは、XXXX!」なんて決心(のようなもの)しちゃうのは万国共通でございますね。
大体、そこでする決心てのは、別に新年じゃなくても、「今日こそは」とか「今から」でも良いわけですが、なんとなく「年」だと決心度が大きいというか、より大事っぽい印象を与えます。

アメリカで典型なのが、飽食の2ヶ月を終え普段に増してブクブク太ってしまい、ジーンズが入らなくなって、さすがにこれはイカンということで「今年(こそ)は運動して痩せる!健康的な身体になる!」というヤツ。
もちろんビジネス側も手ぐすね引いてこのチャンスを待ってるわけで、ここぞとばかりスポーツジムの会員キャンペーンやら、レーザー痩身(レーザーで脂肪を溶かすんだって!!)割引、ダイエット食品セール、等々の広告がこれでもか舞い込んできてます。

かく言うあたくしも、年末パーティーでブクブクではいられず、いつもより気をつけてたせいで「太る」には至らなかったまでも、、、チューネンになるとアレよね〜〜、エクササイズしないと「たるむ」のよねー。
ブクブクじゃなくて、ブヨブヨってやつ。
この1月1日付けで勤務先の会社が姉妹会社と合併して、年末に遊んだツケが回ってきてバタバタの正月だったんだけど、やっと1月も落ち着いて来て、、、ハッと気がついた時にはブヨブヨ。
オフィス勤務というのは、仕事のストレスの割にはカロリー消費も身体動かし度は極小、でもお腹だけはバッチリすく、、、と身体健康的には最悪ですな。

ということで、近所の市営ジムとホットヨガを再開。
行く時はちょっとめんどくせーと思うんだけど、帰る時にはホントに行って良かったと思うのよね。
で、この近所のホットヨガは前も言ったけどほとんどポーズを直してくれたりとかしないし、あたくし的には低評価なんだけど、他に近所にないし(ボルダーが懐かしい〜)、汗だくになるのは気持ちいいのでやむを得ずココに行ってる。。。んだけど、時々先生が良い事言うんだよね。

先週は、「自分を回りの人と比べて、あの人よりもっと曲げてやるとか、あの人がやれるんだったら自分もやってやるとか思い始めたら、それはエゴに自分が支配されちゃってるサイン。自分のためにヨガをやってない。自分の身体が言うことをよく聞いて、自分のために正しい選択をして、、」
もう、こういうのってヨガの基本ではあるんだけど、ついつい人と自分を比べちゃうのが人情ってもんですね。
つーか、そういうクセになってるというか。

んで、それを聞いてふと実感したんですね。
私たちは一人一人、身体も性格も環境も違う、ホントに完全に同一なんてのはあり得ない、絶対にあり得ない、ユニークな存在なんだなあ、と。
いや、勿論そういうことを聞いたり読んだり、考えたりしたことは何度もあるんだけど、なんというか、すっごく「実感」したわけです。
生まれて来た環境も性格も身体も一人一人違う。
人によっては、生まれた時から気難しい性格だったり、やたら悲観的だったり、意地悪だったりというのもあるし、逆におおらかでいつも笑顔の子だったり、身体能力抜群だったり、背が高い低い、金持ち/貧乏な家庭、暴力的な親だったり、みなしごだったり、優しい祖父母がいたり、兄弟多かったり一人っ子だったり、途上国/先進国、移民の家庭、八百屋さんの子、銀行家の子、、、もう数えきれない色んな要素があって、それらの色んなコンビネーションの下に私たちはいるわけで。

で、今んとこわたしは生きる目的は、幸せを感じること、幸せになること、幸せを見つけること、("Happy"というより"Content"という感じ?)だなあと思ってるんだけど、これらコンビネーションを比べあって、これは不公平とか、この要素組み合わせがベストとかってのは、多分ないんじゃないかと。
このコンビネーションというのは、実は神様(?)というか、この世界がその命に与えた課題みたいなもんで(宿命ってヤツ?)、どんだけその課題の下で幸せになれる力、幸せを見つける力を磨くか、というのが答えなのかなあ、と。
お金があればあるほど幸せじゃないし、五体満足に生まれても自傷する人はいるし、飲んだくれの親の子が皆グレるわけじゃないし、何と言うか、幸せっていうのは主観だから、別の言い方すると自分次第っつーことだよね。

私の身近に、なんでこんなに困ったちゃんなんだろう、なんでいつもこんな物言い/行動なんだろう、、、とついイライラさせられる人がいるのですが、多分この人は簡単にそうしてしまう要素をなぜか背負って生まれて来てて、それがきっとこの人に与えられた課題なんだなあと思い至りました。
私がするべきことは、彼女を他の誰かと比べたりしないで、きっとどういう選択を本人がしていくか見守ることなのかなあ。

そして今日のクラス。
終わりのシャバーサナ(屍のポーズってヤツ)に入った時に、今朝家を出る前に隊長の長女と交わした会話がふと頭に浮かんできました。
1月に入ってから、風邪気味なのと夜遅くまでの仕事が続いてまだ寝ている父親に対し、「信じられない!わたしなんか5時半から起きてるのに。週末はやりたいことが一杯なのにまだ寝てるなんて、私だって平日は忙しかったけど早起きしてるわ」と批判する彼女に対して、13歳にもなって、自分の要求を満たしてもらうことより、いつもがんばってるんだから週末くらいゆっくり休んで、とは思えないんだろうか?と、ちょっとムカ。
How about kindness(思いやりってのはどうよ?)とか言いたかったな〜と思った直後、「自分にも同じ事言えるじゃん」と思いつく。

How about kindness? 
そうよねー、私自身がもっと思いやりがある人間に、親切な人間になる余地がばりばりあるんじゃん。
そうかそうか、自分や、自分。

んで思った。
そうか、隊長とそのコドモ達と巡り会ったのは、こういうことにもっと気付いて、学んで、もっと自分がなりたい人間になるための、もっと幸せになるためのチャンスなんだわー。なるほどねー。

友達に、科学的根拠はないけど確信持って「輪廻転生」はある、輪廻の度に魂の波動を高めていくのが生きとし生けるものの存在意義、と語る女子(日本人)がいるのですが、なんとなくアタクシも「そうかもねえ」と最近思いだしてきた感じ。アタマがそう思うというより、もっと心の奥の方で感じるというか。
その真偽はどっちでもいいんだけど、そうだといいなあー。もちょっと頑張ろうかって思うし。

さて、今夜はデンバーブロンコス(アメフト)のスーパーボール試合が待ってます。
ルールが分からない時は全然興味もクソもなかったんだけど、分かると意外と面白いんだよねー
ブロンコス、今年は大進撃!
Jリーグに、昔ビスマルクという南米出身?の選手がいましたが、彼はゴール決めると必ず片膝ついてこめかみに指あてて神に感謝ポーズをとってたんですが、ブロンコスの新星QB、ティーボー選手も同じ事するんですね。
もう、キリスト教会大喜び!
便乗キャンペーンしてます。
おいおい!
[PR]
by BoulderMikiko | 2012-01-14 08:00 | 日常生活

2012年 今年もよろしくお願いします~!

あっ!!!!!!
、、、、という間に2012年じゃないっすか!

みなさま明けましておめでとうございます〜〜

最後の記事が秋の始まりとか言ってるし、こんなに間をあけた投稿しかしないアタクシのブログを読んで下さるみなさま、本当にありがとうございます〜
Facebookの方にはちょくちょく写真などアップしておったのですが、、
今年もよろしくお願いしまーす!

しかし昨年はも〜、多分この人生46年間のうち、多分一番めまぐるしく旅行づいてたと思いますね。
年明け前後のコスタリカ旅行、2月にニューヨーク、そして突然シカゴ。
春に転職早々おかーさまとスコットランド&イングランド&サンフランシスコ。
1ヶ月後には週末サンディエゴ、ブギーボードしにサンタモニカ、仕事でまたロス。
11月の半分は日本食いだおれの旅&ハワイ。
あっという間にクリスマスでロッキーの山の中、、、そして最後を飾ったのがサンディエゴ&ロスで大晦日パーチー。

みんな楽しい事ばっかしで、何もオレに不満はないぜー!
いや、色んな意味で恵まれた一年だったよな。
ほんと、ありがたいことです!ありがとう。

こんなにどうやって休みが取れるんだ?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、仕事さえちゃんと回せれば、そういうことをしても良い、という条件で転職したからなんですね。
それに計5週間くらい2月以来休みを取ったわけですが、そのうち3週間はもちろん有給じゃないっす。
ゆくゆくは自宅だろうが、ハワイからだろうが仕事できるようなシステムをばっちり作ってやるという野望も持っております。がんばるぞーー!!!
幸い隊長もどこからでもできる仕事なので、もし今ムスメたちがもう成人してるような年齢だったら、2人であちこち行きまくり住みまくり生活だったに違いないですな。

さて、そのロスであった年末のパーティーというのが、ちょっと珍しい催しだったのでご報告をば。
ひょんなことでビリーの友人の友人である投資銀行家夫婦から招待を受けた、「ロスのロングビーチの水族館貸し切りバースデーパーティー兼大晦日パーティー」!!
その友々人氏の奥方、50歳を迎えるとのこと。でも、彼女の誕生日は元旦で、いつもクリスマスや大晦日とごっちゃにされて、ちゃんと祝った記憶があんまりないのよね、、、ということで、そのうっぷんも晴らすべく、ダンナさんが50歳を迎えるにふさわしい大パーティーをプレゼントなんだそうである。ひえーー!よっ、おかねもち!
もちろん男性はタキシード着用義務。(つーことは、女性もフォーマルドレスよね?)
しかも、マスカレード仮面着用義務。(、、、、、マジっすか?)

こういうフォーマルなパーティーって、あたくし恥ずかしながら出た事ないんすよ。まあ友人の結婚式とかが精一杯?それだって、ほれ、20代〜30代ってさあ、なんとなくオシャレ系のワンピとか着てネックレスとかコサージュとかしてたら許されるやん?
しかし、タキシードの男にエスコートされるにふさわしい格好となると、ちょっとまた別の次元である。
しかもドレスだけじゃなく、それに合う靴、バッグ、ヘア、メイク、さらには会場に行くまでの羽織もの等々も必要になるはずで、瞬く間に$$$マークがアタマの中を飛び交い、う〜むとつい腕組み。それも、アタクシのライフスタイルからして、何度も着るチャンスとかないに決まってる。うーむ。

しかし!

隊長がノリノリ!!

ずっと一度タキシード着用系の大晦日パーティーに行ってみたいと思ってたんだそう。
まあねえ、こんな水族館貸し切り豪華パーティーなんて確かに一生一度の機会だろうしねえ〜。。
「ミキ、そうだよ、一生一度だよ! あとオレねえ、タキシードす~んごい似合うんだよ〜」
、、と盛んに誘いをかける隊長の話術にまんまと乗せられ、行くことにした!!

まあそれでも、今はオンラインでパーティードレスとかお手頃価格で手に入るみたいだし、ちょっとだけボーナスももらったし、それで何とかなるわよね〜。。。なーんてたかをくくってたんである。

しかし、初めての事っつーのはそう簡単にいくもんじゃない。
発端は、オンラインでもお店でも、ドレスがなかなか見つからなくて、しかも日にちがどんどん迫って来て焦りまくっていたある夜。
デザイナードレスのディスカウント専門のウェブサイトで、200着くらいの中から自分で厳選した2点を隊長に見せたところ、、、
「んーーー(ダメ)」
マジで〜?2時間くらい費やして選んだのに。。

次の夜、上級デパート系のサイトからやはり厳選した3着。
「んーーーーーー。メイビーーーー」
メイビーっすか。。。

最後に、高いの分かってたから見なかった高級デパートのサイト。
ディスカウント店のサイトから比べると、お値段は約3〜10倍となっております。はい。
やけくそで見てたら、隊長が横にきて、ものすごい速さでスクロールし始めた。
時々ぴたっと止めて「ん〜〜」。またがんがんスクロール。
「これだ!!」
「えっ!」
・・・彼が選んだのは、全面シャンペンカラーのスパンコールで包まれたギラギラのミニドレス!ひえーー!!!
いやこれはちょっといくら何でもあり得ないっしょー、、と言ったのだが、
「自分で思う自分と、人が見る自分は違う。ミキコのこういう所をこういう風に強調して、こうするとこれがこーなって、どーなって云々」
とまた例の調子で説得にかかられる。
値段も当初の予定の3倍。
しかし気がつくと「ええい、ままよ〜」状態で購入ボタンを押してしまった!
するってえとどうでしょう。それが最後の一着で売り切れ。ぎりぎりセーフ!
きっと運命だったのね〜!

。。。なんて、ちょっとウキウキしたのも束の間。
今度は
「あ〜これに合う靴/バッグ/アクセサリー/ヘアメーク/羽織もの買わなきゃ」
「ああもしかして香水とかも付けるべきかしら」
「ああフェイシャルにも行った方がいいのかしら」
「あああそう言えばネイルもしなきゃ。でも何色がいいんだか〜。今はみんなジェルネイルなのかしら」
「ああああメークって久しくちゃんとしてないからサロンでやってもらわなきゃいけないかしら」
「水族館の近郊にあるサロンはどこかしら、でも日本人じゃないと変なメイクとかされそうだし〜、あああああああ〜〜〜〜、、」
大パニックだ。
そんなパニックの中で迎えたクリスマス。
そしたらまあ、隊長からのクリスマスプレゼントは、ドレスにばっちりの靴とアクセサリーでございました~!
きゃあ!ほんとキメる時にキメられる男である。つーか、キメる機会は逃がさないとうか。

後はバッグやらヘアメークやらだが、日にちが迫るにつれ、もうあんまり完璧を目指さなくていーじゃん、いい機会だから化粧品も自分で買って揃えて、ちょいと練習したらいーやん、、、と開き直り。

そうして迎えた当日。
こちらがそのドレスを着用のアタクシと、自画自賛ながらもマジでタキシードが似合う隊長のショットでございますー
c0112622_6105679.jpg


しかし今回の経験で思ったのはですねえ、こういう機会に「ちゃんと」参加するには、すんごいお金がかかるんだということですね。
オンラインで今回散々いろんなものを物色する羽目になったけど、何と言っても靴の値段の高さにびっくりですな。「ちゃんと」したドレスシューズってのは500~700ドルくらいは当たり前なんですね。1000ドルなんてのもごろごろあるし。
いや、隊長はこんな何度履くか分からんものにそんなお金を費やすような人じゃないので、プレゼントにくれたのは「ちゃんと」はしてるけど、もっとずっとお手ごろ値段の靴でしたですよ。あんまり高いのもらっても、「こんなんに遣うくらいなら、別のXXを買ってくれ!」とか本気で言っちゃいそうなワシの性格も見抜いているんであろう。

あと、バッグ。
パーティー用の小ちゃいヤツ。
これも「ちゃんと」したやつだと高い!靴と同じくらいの価格帯。
似たようなのがTargetとかで17ドルとかで売ってあったりすると思わず笑っちゃうんだけど、やっぱりそこまで庶民的価格だと質の低さが見え見えではあるのよね。
もう最後の手段は、「高いの買って、1回使ったら返品だ!」である。アメリカってありがたいことに開封使用後の品もばりばり返品可能な返品天国なんですよ、日本のみなさま!!
、、、というとこまで追い詰められていたんだが、幸い質はまあまあの安いのが見つかったんだけどね。

あとねえ、手、腕、足とか露出される部分も、日頃から手入れが必要なんですな。(普通っすか?)
冬は特に足がかさかさになりがちだったんだけど、もう毎日ローション&オイル塗りましたもん。
これはおかげで習慣になって、今年の冬は手足しっとりですよ。

しかし、こういう機会やら人前に出ることの多い芸能人等の方々や、お金持ちハイソの方々というのは、常にこんな「自分を飾るもの」「身体の見栄え」に時間とエネルギーとお金を費やし続けているんでしょうな。
で、恐ろしいのが、高い価格帯に目が慣れてくると、「あ、この靴は500ドル、安めじゃん」なんて思い始めた自分がいたことです。
で、きっとパーティーとか着飾り好きのお金持ちにとっては、こういう値段は本当に「安い」に違いなく。
つーか、そういう経済レベルじゃないと、彼らの生活は成り立たないだろうしねえ。
生まれた時からこういう生活だったパリス・ヒルトンなんかが、あんな価値観の人間になるのも、まあ無理はないんだろうねえ。

いやはや、パーティーも含めて面白い体験でございました!
[PR]
by BoulderMikiko | 2012-01-05 06:04


コロラドはボルダーのマッサージセラピスト・美紀子のブログ。熊本生まれ、ワシントンDC、プロバンス(仏)、東京、モントリオール、ニューヨーク生活を経て、ロッキーの山の中人生を楽しんでおりまっす!


by BoulderMikiko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

ハラいためた子じゃないけど
at 2012-04-03 15:25
本日のびっくり&本日のがちょーん
at 2012-03-28 15:59
機械屋ケンちゃん
at 2012-02-25 17:11
やっぱり良いとこ
at 2012-02-05 11:33
ここ数日やめられへんこと
at 2012-02-02 16:42

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

カテゴリ

全体
日常生活
ボディー&エナジーワーク
映画/音楽
ニューヨーク
日本
その他の旅行やら
りっちゃん(Richard)
マスタークレンズ
未分類

お気に入りブログ

Cahier de St...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧